喜びの声を頂きました

「体を少し前に倒すだけでも強い痛みがありましたが…」豊田市の腰痛・ヘルニア治療でらくだ接骨院へのご感想

2016.12.24

ru%e6%a7%98%e3%80%80%e5%86%99%e7%9c%9fru%e6%a7%98%e3%80%80%e6%96%87%e7%ab%a0

豊田市、R.U様 腰を痛めて普段の生活も大変でしたが、ここに通うようになり、痛みの原因や家にいる時に出来るストレッチなど、少しの不安も細かく親切に教えていただきました。 通う前は体を少し前に倒すだけで強い痛みがありましたが、 今では痛むこともなく、とても助かっています。 先生方や受付の方も皆さん本当に親切で明るくて、ここで治療していただいて 本当に良かったと思いました。お世話になりました。

※これはあくまで個人の感想であり、特定の効果を保証するものではありません

【院長よりひとこと】 この度は、腰痛での治療レポートをお書きいただき、本当にありがとうございました。 体を少し前に倒すだけで痛みが出るようであれば、相当筋肉や関節に炎症反応が広がっている事が簡単に予想出来ますね。今日はこの「体を前に倒すと痛い」という事に関して腰痛治療…という観点から少し掘り下げて行こうかと思います。 さて、この体を前に倒す…といった際に何が起こっているのかを端的に言えば、関節が動いて筋肉が伸びている…という答えになります。 体を前に倒した時に動く代表的な関節は、骨盤の部分にある仙腸関節、それから両方の股関節、あとは腰椎…という事になります。(実際には他にも動いている部分は沢山あるのですが…) 炎症反応が起こって患部の安静が必要な患者さんの場合には、前述の様に各関節部分が動かなかったりします。 なぜか?…痛いからです。ちなみにここでいう「痛み」とは悪ではなく、腰の炎症反応を起こしている部分にそれ以上負担がかからない様にする為にあるもので、 痛い…という事自体は決して患者さんにとって幸せなことではないのですが、患部を守る為、 それ以上腰痛を悪化させない様に…といった観点から必要かつ重要な事だと、我々らくだ接骨院のスタッフは認識しています。 だから、ギックリ腰などの炎症反応が強い症状では、いわゆる「痛みを引き起こさない様な動き方、姿勢」といったものが必要になってくるのです。 これは筋肉にも言える事でして、腰を深く曲げた際に背骨近くにある脊柱起立筋や腰方形筋…といった背骨の脇にある様な筋肉に損傷が起こると、「それ以上ストレッチを掛けられると筋肉の断裂が助長する」といった危機感から「腰の痛み」といった様な信号を出して持ち主に知らせる必要がありますので、ここでいう「痛み」というのは患部に負担がかかってそれ以上悪くなるのを防ぐのに一役かっている…とも言えるかと思います。 さて、話を少し戻して腰を屈めた際に腰椎が屈曲方向に動き、仙骨が骨盤の間で前屈し、股関節の上で骨盤が前屈する。対して筋肉はこういった関節の構成部分から後方で伸長され、逆に前の部分では収縮していく傾向にあります。ここで関節の一部分や筋肉の一部分に炎症反応や損傷が起こっていると痛みを発しますが、痛む原因として主要な要素として挙げられるのは何も損傷した組織に限った事ではありません。 我々らくだ接骨院の考える腰痛治療の中で重要なのは、この損傷した筋肉や関節に負担をかけてしまう様な遠隔部位での筋緊張や関節の動きの無さです。 だから、一見腰痛であるにも関わらず、腰に関係の無さそうな部分を治療することで患者さんからは「あれっ」とよく驚かれたりします。 豊富な腰痛の治療実績と腰であっても腰だけではない… 深い部分でつながった組織へのアプローチで再発をも防ぐ様な驚きの腰痛治療を行います。是非、幾つも接骨院や治療院を転々と渡り歩いた方々に我々らくだ接骨院の腰痛に対する治療を受けて頂きたいと考えています。少しながくなりましたが、最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました

TOPへ戻る