マッサージ?それだけじゃ肩こりは再発します

らくだ接骨院の肩こり治療のお約束

  • 姿勢も大きな要素…姿勢指導も行います
  • 肩こりの副産物、頭痛・耳鳴り・めまい・吐き気も解消させます

肩が重い、だるい、仕事を続けると次第にひどくなる…

肩こり

肩こりの症状は様々ですが、おおむね肩の重さ、だるさなどが挙げられます。

  • 鋭い痛みではないが、事務作業をしていると次第に重さが増してくる…
  • 肩こりがひどくなると頭痛や耳鳴り、吐き気、めまいなどが出てくる…

こういった症状も肩こりから発展するものが多いのも事実です。
「その場でシップや簡単なマッサージをしても、すぐに痛みが戻ってきてしまう…」
といった声は 我々も普段から沢山聞いてきた意見です。
豊田市のらくだ接骨院では、こんな働く社会人の方々を全力で応援していこうと思います。

肩こりの原因とは?

肩こりの根本的原因は?…と聞かれた時に我々が用意している答えは大きく分けて2つあります。

一つは筋肉の緊張です。首を支えている筋肉が緊張することで周辺組織の血行が悪くなり、ちょっとした事で非常に疲れやすくなって肩こりの症状が出てきます。
血行が悪くなれば、必要ば栄養素が運ばれなくなったり、老廃物も筋組織から運び出される事もなくなってしまいます。
さらに筋肉が緊張を起こす事で付着した頚椎(背骨)が引っ張られ、さらに頚部のゆがみが悪化する…といった悪循環に陥ってしまう事も沢山あるんです。
悪循環でガンジガラメになる前に、何とか対処したいものです。

肩こりのもう一つの理由として、姿勢があります。
この姿勢は、患者さんご自身の自覚が無いのがやっかいで、頚椎や首の筋肉に負担がかかりやすい姿勢におかれるために、前述の様な首の筋肉に負担がかかってしまう…といった根本的理由になります。
やはり「背筋を伸ばして座ろう」という意識は大切になるのですが、先程言いましたように、多くの場合自覚していらっしゃらない事がほとんどです。
よってご自身で姿勢を正す…といった事は 肩こりを改善する目的においては限界があるようです。
例えば「歩き方がおかしいから、今から真っ直ぐ歩いてください」と言われてその場で歩き方を改善できるでしょうか?
ごく自然な動き、姿勢として長い時間をかけて身に着けてきたものですからそれをすぐに直せ…といわれても そう簡単には出来ないのです。

姿勢をよくするには幾つかのポイントがある

肩こりを持った患者さんが実際に姿勢を正す事の重要性を理解していても「一体どうしたらいいの?」という意見も沢山お聞きします。

先に答えを言ってしまうと、その姿勢で軟部組織(筋肉・靭帯等)が短縮してしまった場合にはこれを伸ばす施術なしに元に戻そうとするのはかなり難しいです。
元々筋肉というものは、適応力というものがあって、悪い姿勢により短い状態が長く続くと、その長さに適応して短くなってしまうものです。
一旦短くなってしまった筋肉は筋硬化、筋硬結とも言われ、直接伸張させる様な力が加わらなければ変化しにくいものです。
肩こりの姿勢を作ってしまっている筋肉の短縮や癒着を治療してやり、骨格調整で骨格に正しい姿勢を認識させてやる事で、やっと人間の身体は肩こりの起こりにくい姿勢を獲得できるのです。

肩こりの原因は肩にはない?豊田市の接骨院で原因を探っていきましょう

肩こりがひどいからといって、ただ肩を揉んだりすれば良いかというと実はそうではありません。慢性的につらい症状に悩まされているという方は、肩揉みをしてもらったり、シップや塗り薬などを使用して対処しているという方も多いのではないでしょうか。

肩こりというのは、肩が凝ってしまうほどに筋肉に負担がかかってしまっている結果引き起こされているということですので、豊田市の接骨院で肩こりを治療する際に肩だけを診たりアプローチをかけていくということはほとんどいたしません。
結果である肩こりを根本から改善していきたいという場合には筋肉に大きな負担をかけなければ維持することが出来ないという姿勢を大きく見直す必要があると考えております。

豊田市の接骨院では、骨格の矯正や上半身のバランスを最適化した上で、最後に筋肉をマッサージして緊張を解きほぐしていきます。
肩こりを改善するために、腰やお尻をマッサージすることも御座います。一見すると全く関係の無い部分をマッサージしているようにも思われてしまうのですが、これによって正常化していく場合もあるために患者様に驚かれることも多々あります。
放っておくとひどいときには、頭痛やめまい、吐き気なども引き起こしてしまうことがありますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

TOPへ戻る