なぜ姿勢が大切なの?

何故姿勢を変えないと肩こり・頭痛が再発してしまうのか?

頭痛・肩こりの原因は前に突出した頭の位置異常とそれを引き起こす筋肉の連続した緊張です。

なぜ頭の位置が前に突出するだけで頭痛や肩こりが治りにくくなるの?…といった疑問をお持ちになる気持ちは分かります。
ここでは姿勢の異常が首周辺の筋肉に与えてしまう影響について詳しく説明していきます。

重い頭を前で支えるのはとっても大変?

人間の頭の重さは大体体重の10パーセント、成人であれば大体5キロくらいでしょうか…。そんなに重い頭を人間は細い首の骨で支えています。ここで一つ例え話を出しましょう。みなさんボーリングの玉を持ったことはありますか?あの玉をまっすく上に伸ばした腕に乗せた場合には力の効率良く支えられるのですが、腕を斜めに傾けた状態で支えるのは相当疲れてしまいますよね?
このボーリングの玉と腕の関係は先ほどお話しした頭と首の関係に類似しています。(5キロの重さはボーリングの玉で11ポンドくらいです…重いでしょう?)
つまり、頭を支える位置のズレ…というのはかなり首の疲れに影響があり、頭の位置の異常を戻してやる事で頭痛や肩こりの原因となっている筋肉や背骨に掛かる負担を大幅に軽減する事ができると言えます。

筋肉が硬くなる反応は正常な反応?

よく一般の方向けの雑誌等では「筋肉が硬くなる事が肩こりの原因」といった内容が見受けられます。しかし、この筋肉の硬さは何故起こるのか…という根本的な問題に言及している記事はほとんど無いに等しい…と言っても過言ではありません。
「負荷を受けた筋肉が自己防衛手段として硬くなってしまう」という現象をタンパク質の角化…といいます。負荷を受けた筋肉が硬くなってしまう理由としては他にも「疲労を起こした筋肉の乳酸が直接筋肉に作用して硬化を起こす」という説もあります。
いずれにしても筋肉に負荷が掛かると硬くなってしまうのですが、それ自体は正常なタンパク質の生理的反応です。
だから、その硬くなってしまった筋肉をどうしようか…といった対策を練っていくだけではなく、そもそも筋肉に負荷が掛からないようにするにはどうすればいいか…といった環境づくりの方が有効な原因治療と言えそうですね。

では、本当の意味で肩こり・頭痛を治すには?

どんな治療でも大切な原理原則は「今ある痛みの原因を改善する事」と「悪くなってしまう最大理由を除去する事」です。ここでいう今ある痛みの原因とは歪んでしまった首の骨の正常化や短縮・癒着してしまった筋肉を分離、緩めてやる事であり、らくだ接骨院ではこれを肩こり・頭痛治療として行っていきます。

TOPへ戻る